銀投資・貴金属ニュース

  • 記事がありません

CFD(差金決済取引)

CFD(差金決済取引)とは

証拠金(保証金)を業者に預託し、原資産となる国内外の株価や金価格など金融商品の価格や指数を参照して差金決済による通貨の売買を行なう取引のことを指します。
証拠金を預け、レバレッジをかけて取引を行うことから、外国為替証拠金取引(FX)や先物取引も差金決済取引のひとつです。
一般的に外国為替をFX、それ以外の株式や株価指数等はCFDと呼びます。

銀CFDのメリット

レバレッジ効果

資金効率が良い

「買い」からでも「売り」からでも取引できる

銀価格が下がると考えた場合、保有資産を売り崩すのではなく、売りによる差益を得ることができます。

取引所取引よりも小さな単位で取引が可能

取引単位が業者によりますが、1トロイオンスから取引することができます。

深夜でも取引可能

海外市場が行われている時間なら取引することが出来ます

銀CFDのデメリット

取扱い業者によって商品名が異なる場合がある

取扱い業者により商品名が異なることがあるため注意が必要

投機的な変動が多い

取引時間が長いこともあり、何かあるたび価格に敏感に反映されます

情報量が少ない

銀の情報が少なく、リアルタイムで取引するには不利と思われます。
(貴金属や商品市場と連動する場合がほとんどですが)

→銀CFDを取引するならこちらの会社がおすすめです


検索

ページの上部に戻る